文字サイズ 標準 拡大

コロナ対策

 2022大会は、ランナー定員を削減するなど新型コロナウイルス感染防止対策を講じて開催いたします。
 参加者・関係者の皆さまにおかれましては、競技中はもとより、開催1週間前から終了後2週間に至るまで体調管理をしっかり行っていただくなど感染防止対策にご協力をいただくことが極めて重要になります。
 全てのマラソン関係者の安全・安心を図り、大会を持続的に開催するため、感染防止対策を十分にご理解いただいた上で、参加を検討いただきますようよろしくお願いします。

■ 主な感染防止対策 ■

1 大会規模の縮小

  • フルマラソンの定員を20%(15,000人 → 12,000人)減らします。
  • ファンランを休止します(1,400人 → 0人)。
  • 日本国外に在住されている方へのランナー募集は休止します。

2 スタートブロック

 スタート時のフィジカルディスタンス(1㎡/人)を確保するため、スタートブロックの広さを約75%(約6,900㎡→約12,000㎡)増やします。

(参考)スタートブロックイメージ

3 参加者の体調管理及び3密対策

共通事項
  1. 体調管理
    • ① 大会開催1週間前
      ・体調、体温をセルフチェックの上、体調管理表への記入をお願いします。
    • ② 大会前日及び大会当日
      ・受付時に体調管理結果の提示を義務付け、体温、体調、行動歴が大会参加基準に満たない場合、又は検温時に、37.5℃以上と確認された場合は参加をご辞退いただきます。
    • ➂ 大会終了後2週間
      ・体調、体温をセルフチェックし、感染が判明した場合は事務局に報告をお願いします。
  2. 基本的な感染防止対策
    • 不織布マスクの着用(ランナーは競技中以外)、各所での手指消毒を徹底してください。
    • ランナー受付やスタートブロックなどでフィジカルディスタンスを確保してください。
    • 室内における常時又は定期的な換気を徹底します。
    • 使用済みマスク等のゴミは各自で持ち帰りをお願いします。
    • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用を推奨します。
大会運営
会場設営関係
  1. スタート・フィニッシュ会場
    • スタートブロック拡張(約6,900㎡→約12,000㎡)によるフィジカルディスタンスを確保します。
    • スタート前更衣エリアの休止により屋内での密集密接(以下「密」という)を回避(予め走る服装での来場を周知)します。
    • 手荷物預けの場所変更など、会場計画の見直しにより密を回避します。
    • 接触を極力回避した方法でランナーサービス(完走メダル、タオル、給水給食の配布など)を提供します。
    • 各種窓口、ブースにおいて、飛沫防止のための透明ビニールカーテン等を設置します。
    • 完走証配布のWEB化により密を回避します。
  2. コース沿道
    • 個包装で給食を提供します。
  3. EXPO関係
    • ステージイベントの休止、出展エリアの拡大により密を回避します。
    • 休憩テーブルの間隔確保、アクリル板設置により密を回避します。
    • ゴミ拾い際の火バサミ使用や、使い捨て手袋の着用を徹底します。
  4. その他
    • スタートセレモニーを簡素化します。
    • 表彰式を簡略化します(なお、年代別表彰は休止します)。
ランナー関係
  • 受付時にワクチン接種証明またはPCR検査等の陰性結果の提示を義務付け、確認できない場合は参加をお断りします。
  • 本人の体調確認及び検温を行うため代理受付はできません。
  • 携帯用アルコール消毒液を全員に配布します。
  • 関門バス等の乗車人数制限、換気を徹底します。
  • 保温シートの全員配布により、フィニッシュ更衣エリアでのフィジカルディスタンスを確保します。
ボランティア関係
  • 不織布マスク、使い捨て手袋、携帯用アルコール消毒液等を全員に配布します。
  • 受付テーブルの配置等の見直しによりフィジカルディスタンスを確保します。
  • オペレーションの簡素化により活動人数を削減します。
医事救護関係
  • 新型コロナウイルス感染症防止対策マニュアルを作成し、新型コロナウイルス感染症対策室を設置します。
  • 不織布マスク、使い捨て手袋、携帯用アルコール消毒液、フェイスシールド等を全員に配布します。
  • 救護所テント増設によりフィジカルディスタンスを確保します。
沿道応援関係
  • 感染状況によっては、沿道応援(特に大声の発声、ハイタッチ等)の自粛を要請します。
  • スポット数、出演団体数を減らした上で応援スポットの一部を実施します。
対策内容については、感染症に関する最新の知見に基づき随時、内容を修正し最適な対策を目指してまいります。

4 その他

 感染防止対策に注力するため、大会運営はシンプルなものとし、関連イベントについては一部を除き休止することとしています。ご了承ください。

<休止する関連イベント>

  • RUNRUN♪おかやまスタンプラリー
  • 縁結びinおかやまマラソン
  • フォトコンテスト

■ ランナーの皆さまへのお願い ■

 安全安心な大会とするため、以下についてランナーの皆さまのご協力をお願いします。詳細は大会要項の参加資格をご確認ください。

  • 大会開催1週間前(11月6日)から終了後2週間(11月27日)まで、体調管理表による適切な体調管理をお願いします。
  • 前日受付及びスタート前の検温にご協力ください。
  • スタート前の更衣所はありませんので、あらかじめ出走する服装でご来場ください。また周辺施設等での更衣は行わないでください。
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご利用ください。
  • 大きな声での会話はしないでください。会話は最小限でお願いします。
  • 走る時以外(競技中にトイレに並んだり、救護所を利用する際なども)は、不織布マスクの着用をお願いします。また、使用済みのマスクはお持ち帰りください。
  • フィニッシュ後のランナーサービスのセルフサービスにご協力ください。
  • こまめな手洗い、手指消毒をお願いします。
  • 受付やスタートブロック、トイレ等に並ぶ際は、フィジカルディスタンスを確保してください。
  • 走行中は呼気の影響を避けるため、前後一直線に並ぶのではなく、間隔を空け並走又は斜め後方に位置どってください。
  • フィニッシュ後は密を避けるため、会場内で長時間とどまらず、速やかに退場してください。
  • 大会開催中の障害への補償は、主催者が加入した傷害保険の範囲内になります(新型コロナウイルス感染症は対象外)。

■ 大会開催の可否 ■

 日本陸上競技連盟のガイダンス等を踏まえ、以下の基準に該当する場合には開催の可否を検討します。

  1. 大会開催1か月前(10月13日)から大会開催日にかけて、岡山県に新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されている場合、または岡山県内に同法に基づくまん延防止等重点措置が適用されている場合
  2. 岡山市または岡山県からイベント開催の自粛要請が出され、当大会がその対象に該当する場合
  3. 岡山市で新型コロナウイルス感染症に関する診療体制が整わず、ランナー等の搬送先医療機関が確保できないと判断される場合
  4. 岡山県内で新型コロナウイルス感染者が増加するなどにより医療提供体制がひっ迫し、県民の安心安全が確保できないおそれがあると判断される場合
  5. 医事救護スタッフやボランティア、競技役員、大会運営関係者等の大会運営に関わる者が必要数集まらないなど、大会運営に支障を来すおそれがあると判断される場合
  6. 上記のほか、感染状況等を総合的に判断し、中止が適当と判断される場合

■ 参加料返金の扱い ■

 参加料入金後、新型コロナウイルス感染症の拡大等により大会中止の場合、中止時までにかかった費用を精算し、残額があればその範囲内で返金します。


 大会エントリーに際しては、十分に記載内容をご確認いただいたうえで、お申し込みください。なお、記載内容に変更が生じた場合には、速やかに大会ホームページ等でお知らせいたします。